約款・規約

当宿泊施設は行政に基づき簡易宿泊施設として許可を取得しております。
当施設の公共性とお客様の安全確保のため、ご利用のお客様には宿泊約款に基づき下記の規則をお守り頂きますよう、ご協力のほどお願い致します。

利用規約 宿泊約款

宿泊利用規則

【宿泊施設に以下の物をお持込にならないで下さい。】
・動物などのその他ペット
・著しく悪臭を発するもの
・著しく多類な物品
・発火または引火物・火薬類、音を発する花火、油類(食用は除く)または危険性のある物品
・所持を許可されていない鉄砲・刀剣類
2、宿泊施設の近隣に迷惑を及ぼす行為
3、宿泊施設内で賭博、または風紀を乱すような行為はなさらないでください。
4、未成年者が保護を必要とする状況にあると認められた時はご宿泊をお断りすることもございます。
5、当施設内でみだりに広告物の配布、掲示または物品の販売等をなさらないでください。
6、当施設内の諸設備、諸物品を施設外に相談なく、本来の目的以外の用途にご利用になることはなさらないで下さい。
7、当施設内の諸備品、諸物品を施設管理者に相談なく他の場所へ移動させること等、現状を移動させることはなさらないでください。
8、不可抗力の事由により、建物、備品、その他物品を損傷、紛失、あるいは汚染された場合は、相当額を弁償いただくことがございます。  (※設備・備品等の盗難は警察へ通報致します。)
9、ご予約予定宿泊日数を変更される場合は、予め管理者・受付へご連絡下さい。
10、当施設内では、お部屋内は禁煙となっております。またお部屋にてベッドの上での喫煙・飲食物の持ち込みはご遠慮ください。
(汚損の場合、別途リネン費用を請求する場合があります。)

ステイ今帰仁宿泊約款

 

【本約款の適用】
第1条
当宿泊施設を使用目的として締結する宿泊約款及びこれに関連する契約は、その約款に定められない事項については法令または慣習によるものとします。
当宿泊施設では、前項の規定に関わらず、この約款の趣旨、法令及び慣習に反しない範囲で特約に応ずる事が出来る。

【宿泊お引受の拒否】
第2条 当宿泊施設は、次の場合には宿泊のお引き受けをお断りすることがございます。
1 宿泊申し込みがこの約款によらないものであるとき。
2 満室により客室に余裕がないとき。
3 宿泊しようとするものが、宿泊に関して法令の規定または、秩序もしくは善良の風俗に反する行為をする恐れがあると判断されたとき。
4 宿泊しようとするものが伝染病であることが認められたとき。
5 天災、施設の故障、その他のやむを得ない理由により宿泊させることができないとき。
6 泥酔または、言動が著しく異常な場合、又は他の宿泊者、並びに近隣に迷惑をかける恐れがあると判断されたとき。
7 身体衣服が著しく不衛生で、他の宿泊者の不快感、並びに当施設を汚損するおそれが生ずると判断されたとき。
8 宿泊案内の3項記載、ご予約以上の宿泊人数に対し、追加料金を支払わない申込者と判断されたとき。

【氏名等の明告】
第3条 当宿泊施設への宿泊申し込みは、事前に予約申込み者代表の氏名、並びに宿泊人数を報告し、期間を定めてそのご予約内容の次の事項に関しまして明告を求めることが有ります。
1 宿泊者の氏名、住所、性別、職業、国籍
2 その他当施設管理者が必要とする事項

【料金支払】
第4条 料金の支払いは、前払い制となっております。
支払い方法は、現金または当宿泊施設の取扱い金融機関への振込み扱いとなっております。

【利用規則の厳守】
第5条 当宿泊施設ご利用のお客様は、当施設において定められた利用規則に従ってください。

【宿泊継続の拒否】
第6条 当宿泊施設の管理者は、お引き受けした宿泊期間といえども次の事項に該当する場合にはご宿泊の継続をお断りさせて頂くことがございます。
1 第2条(1)~(8)までの事項に該当される場合。
2 前条の利用規則に従わなかったとき。

【宿泊の責任・宿泊困難に至る場合】
第7条 当宿泊施設の宿泊に関する責任は、宿泊者が当施設の玄関キーを受け取ったときから始まり、施設から退出する時、玄関ドアを施錠し玄関キーを返した際におわります。
当宿泊施設の責に帰すべき理由により宿泊者に施設の利用ができなくなった時、(天災・台風・その他施設の故障等)の理由による宿泊の提供が困難な場合には宿泊費を返還致します。
(※返金手数料はお客様負担となります。)